「夏が来ました。」

夏が来ました!
今回は、さっぱりした食卓の主役
知多半島の「ひやむぎ」と「そうめん」をご紹介します。

DSC_1887

写真の左から1つ目と2つ目は、半田市の尾張製粉さんの「きぬあかりひやむぎ」と「きぬあかりそうめん」です。
「きぬあかり」とは武豊町にある愛知県農業試験場で開発された麦の品種です。
特徴は、①豊かな小麦の風味②つるつるでモチモチ食感③光り輝く透き通った麵。ひやむぎ派の方もそうめん派の方も是非いちどお試しください。

左から3つ目は、東浦町の西川製菓さんの「もち麦麵そうめん」です。
「もち麦」は、食物繊維を多く含む大麦であり、独特の粘りがあり、高タンパク・高ミネラルの現在ではあまり生産されていない希少価値の高い麦です。最近では、「もち麦」がテレビで紹介され人気が急上昇中です。もち麦麵は健康志向のそうめんです。

最後に4つ目は、阿久比町のひらめき2%さんの「阿久比ひやむぎ」です。
この「阿久比ひやむぎ」の最大の特徴は「生めん」であるということです。生ラーメンや生うどんのように乾麺と比べると、食感も味も格段の差。その「生めん」の味わいを是非味わっていただきたいと思います。

この知多半島の「ひやむぎ」と「そうめん」はいかがでしょうか?

カテゴリー: おすすめ商品 | コメントする

「アオサのある生活」

最近、健康食品として注目されているのが「あおさ」です。
 
「あおさ」は磯の風味を多く含む海藻の一種です。
DSC_1762

2016年4月18日(月)に、テレビ東京系列で放送された「主治医が見つかる診療所」では善玉コレステロールを増やす働きを持つ食品として紹介されていました。
 

「あおさ」にはマグネシウムを多く含んでおり、マグネシウムが健康ホルモンと呼ばれる「アディポクチン」を増やす働きがあります。
 
「アディポクチン」は善玉コレステロールを増やす働きをする他、筋肉に作用して脂肪の燃焼を促して中性脂肪を下げる働きがあるそうです。
 

マグネシウムが多いのは海藻類なのですが特に多く含んでいるのが「あおさ」です。
乾燥ひじきの約5倍、乾燥ワカメの約3倍ものマグネシウム含有量があるのです。
 
ご家庭で簡単にあおさを使うには、味噌汁の具として活用するのがいちばん簡単でおいしいです。
 
ぜひ、この機会に「あおさ」を試してみてはいかがでしょうか?
カテゴリー: 日々の出来事 | コメントする

「おこしもの?」

おこしもの

 

 

 

 

 

 

 

3月3日は桃の節句です。

知多半島物産展では

おこしものを販売しています。

愛知県(尾張・三河)の一部地域で、昔から桃の節句(端午の節句の場合も)に備えられた、伝統的なお菓子(お餅)です。

家庭で作るお菓子で、『米の粉だけを使って練り上げ、木の型に入れて蒸して、食紅で色をつける』お菓子(お餅)です。

菱餅(ひしもち)のようにお雛さまにお供えをし、その後食べます。

呼び方は「おこしもん」「おこしもの」「おしもち」「おこしもち」「おしもん」。

味はさっぱりとしたお餅です。(もちもち感はなし!!)

食べ方 その① 「普通」食べ方

・出来立ては、そのまま砂糖あるいは砂糖醤油をつけて食べます。

・時間をおいたものは、アミで焼いて食べることもあります。

食べ方 その② 「通」の食べ方

・焼いて、辛子しょうゆを付けて食べるのも美味しいです!!

・蒸して、味付け海苔で巻いて食べるのも美味しいです!!

カテゴリー: おすすめ商品 | コメントする

冬は餅が食べたい!

今日の日付は12月22日です。

寒さも増してきて、もういくつ寝ると♪お正月ですね。

『冬は餅が食べたい!』ということで

以前もこのブログでご紹介しました、知多市の竹新製菓さんの商品をご紹介します。

_20151222_110108

なんと!愛知県産のもち米を100%使用した生切り餅です。

パッケージに書いてある通り『愛知のもち米で愛知のメーカーが作りました。』ということで丹念に杵でつきあげられた餅です。

やはり地元のものは地元で食べるのがおいしいです。

竹新製菓さんのこだわりの逸品。

一つずつ小分けパックされているので、保存にも使用にも便利です。

ぜひこの機会に一度ご家庭で竹新製菓さんの『生切り餅』をいろいろな楽しみ方(さとう醤油、海苔巻きなど)で味わってみてはいかがでしょうか?

もちろんこの商品も知多半島物産展で販売しております。

12月27日(日)まで開催している名古屋千種区のイオンタウン千種での知多半島物産展、並びに常時開催しております半田市のパワードームでの知多半島物産展でお買い求めくださいませ。

カテゴリー: おすすめ商品 | コメントする

おいしい肉じゃがの作り方

今回ご紹介するのは、武豊町(株)丸又商店さんの万能調味料『すきやきさん』を使ったレシピです。
 
近所で料理屋さんをしていたおばあさんに聞いたレシピなので、懐かしさのある奥ゆかしい味に仕上がります。
1
①じゃがいもを皮をむいて食べやすい大きさに切り、熱湯で固めに下ゆでをします。
 
②下ゆでが出来たら、湯切りして水200ccに和風だしの素を入れ、その中で茹でます。
 
③豚肉、玉ねぎは食べやすい大きさに切り、鍋またはフライパンで豚肉・玉ねぎの順で炒めます。
 
④玉ねぎががやわらかくなったら、じゃがいもをゆで汁ごと入れます。
 
⑤糸こんにゃくを入れて、あとは『すきやきさん』を入れて煮汁が半分になるまで、蓋をして中火で煮詰めて出来上がりです。
 
材料(4~5人分)
 
a.じゃがいも  5個
 
b.豚薄切り肉 200g
 
c.玉ねぎ 4個
 
d.糸こんにゃく 1袋(150g位)

e.和風だしの素(顆粒) 小さじ2杯(10cc)

f.すきやきさん 50cc

g.水 200cc

※今回、ご紹介した『すきやきさん』は、すき焼きはもちろんのこと、煮魚や、焼き餅などにつけてもおいしい万能調味料です。

 

 

カテゴリー: おすすめ商品 | コメントする