「夏が来ました。」

夏が来ました!
今回は、さっぱりした食卓の主役
知多半島の「ひやむぎ」と「そうめん」をご紹介します。

DSC_1887

写真の左から1つ目と2つ目は、半田市の尾張製粉さんの「きぬあかりひやむぎ」と「きぬあかりそうめん」です。
「きぬあかり」とは武豊町にある愛知県農業試験場で開発された麦の品種です。
特徴は、①豊かな小麦の風味②つるつるでモチモチ食感③光り輝く透き通った麵。ひやむぎ派の方もそうめん派の方も是非いちどお試しください。

左から3つ目は、東浦町の西川製菓さんの「もち麦麵そうめん」です。
「もち麦」は、食物繊維を多く含む大麦であり、独特の粘りがあり、高タンパク・高ミネラルの現在ではあまり生産されていない希少価値の高い麦です。最近では、「もち麦」がテレビで紹介され人気が急上昇中です。もち麦麵は健康志向のそうめんです。

最後に4つ目は、阿久比町のひらめき2%さんの「阿久比ひやむぎ」です。
この「阿久比ひやむぎ」の最大の特徴は「生めん」であるということです。生ラーメンや生うどんのように乾麺と比べると、食感も味も格段の差。その「生めん」の味わいを是非味わっていただきたいと思います。

この知多半島の「ひやむぎ」と「そうめん」はいかがでしょうか?

カテゴリー: おすすめ商品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です